究極の視力回復レーシック!!
【動画】豊胸手術体験者の感想

壊れたパソコンからのデータ復旧もおまかせ

2007年12月05日

証券取引勧誘の法規制



証券取引勧誘の法規制


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

証券投資勧誘に際して証券会社やその外務員は投資家である顧客に対する情報提供に関してどのような義務を負うか。これは、多数のいわゆるワラント訴訟などを契機として、理論的にも実務的にも近年きわめて活発に議論されてきたテーマであるが、本書は、このテーマについての日米比較を試みる総合的研究である。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 アメリカの証券取引法における情報提供義務(情報提供に関連する法規―その構造と沿革/民事裁判例―連邦法のSEC規則10b‐5の展開/SEC規則10b‐5に基づく適合性原則―その理論と運用/州法におけるコモン・ローの信認義務 ほか)/第2章 日本の証券取引法における情報提供義務(情報提供に関する法規―その構造と沿革/裁判例における一般論/誤解を生じさせない義務―虚偽表示および断定的な判断の提供/適合性原則に基づく義務 ほか)/第3章 日米の比較(日米の共通点と相違点/幾つかの残された疑問)/金融サービス法の立法に向けて

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

パーデック,アンドリュー・M.(Pardeck,Andrew M.)
1968年生まれ。1990年ハーバード大学卒業。1993年インディアナ大学ロー・スクール入学。1996年同ロー・スクール卒業、インディアナ州弁護士資格取得。1997年北海道大学大学院法学研究科博士課程入学。1999年同大学院退学、北海道大学法学部講師採用。2000年北海道大学より博士(法学)の学位取得、北海道大学法学部講師辞職。現在、インディアナ州にて弁護士として活躍。翻訳に、Kou v.Japan,51 Saikou Saibansho Minji Hanreishu(9)3925(1995)[SUPREME COURT REPORTER OF CIVIL CASES],published in JAPANESE in ANNUAL OF INTERNATIONAL LAW,No.41(1998)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【この記事を読んだ貴方にぴったりの豊胸手術はコチラ】
【この記事を読んだ貴方にぴったりの消費者金融はコチラ】
【この記事を読んだ貴方にぴったりの保険はコチラ】
posted by 借りて!!借りて!!借りまくれ!! at 01:01 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。